ホーム » レーシック情報 » 

ICL(眼内コンタクトレンズ)がおすすめな人は?


眼内コンタクトレンズ(ICL)をおすすめしたい人

 

現在は大阪でもICLは人気です。ICLの様々な特長を考えると、おすすめしたい人は次のような人となります。
 

強度の近視でレーシックが受けられない人
ICLは幅広い範囲の近視を矯正することが可能な手術。
 

ドライアイの人
レーシックではドライアイを悪化させる可能性があるため、ICLをおすすめします。
 

術後の見え方の質にこだわる人
ICLはレーシックよりも術後の見え方の質が良く、きれいに見えると言われています。

 

またレーシックでは夜間の光がまぶしくてにじんだように感じるなど、夜間の視力が低下する人もいますが、ICLは良好な夜間の見え方が期待できます。
 

眼内コンタクトレンズ(ICL)が受けられない人

眼内コンタクトレンズ(ICL)は手術なので、もちろん潜在的なリスクが伴います。このICLを受けることができない人は、以下の通りです。
 

妊娠中・授乳期間の女性
角膜内皮数が基準値を下回ると医者が判断した場合
眼の形状が眼内コンタクトレンズの移植に適当でない場合など

 

ICLの適応年齢は、21歳から原則45歳までとなっています。
 

眼内コンタクトレンズ(ICL)の費用は?

実際に手術を検討する時に気になるのが費用面。ICL手術は自由診療なので、レーシック等と同様に健康保険は適用されません。
 

その費用は、目の状態に合ったレンズの種類や施設、地域によって異なりますが、およそ片眼30万円程度のところが多いようです。
 

フジモト眼科天六本院(大阪)のレーシックはどうなの?


看護師フジモト眼科天六本院(大阪天六)は、常に医師達が勉強を重ね、独自に角膜フラップ洗浄カニューラを取り入れたり、術後の異物感を抑える角膜表面保湿法を実践しています。
 

そういった努力から、フジモト眼科天六本院は、日本国債屈折矯正手術学会に於いて、術後データは国内トップレベルの成績を収めています。

 

レーシックの資料や説明会を開催している

 

レーシックに興味がある患者さんを対象に、フジモト眼科天六本院では、希望者にはレーシックに付いてのパンフレットやハンドブック、またはDVDかビデオを送付しています。
 

レーシックは随分一般的になりましたが、いざ手術を受けるとなると疑問点が沢山湧いてくると思います。
 

そういった場合は、WEBか電話でフジモト眼科天六本院に申し込めば、上記の中から希望する資料を送付してもらえます。
 

まずは、こういった実際に手術を行う医療機関が書いたレーシック手術の内容から、レーシックへの知識を得たいものですね。
 

また、質問をしたい方や、もっと詳しいことを知りたい方には、月に1回無料の説明会を開いています。
内容は、
 

これまでの手術のデータ
レーシック手術の内容について
手術体験者に依る体験談
費用や支払い方法
質疑応答
 

となっています。
 
 

徹底した衛生管理で、これまで術後合併症は無し

 

フジモト眼科天六本院の手術室は滅菌された空気が24時間還流しています。また、温度や湿度も1年中管理されています。
 

フジモト眼科天六本院では、術後感染は医療機関ではあり得ないものだと考えています。何故なら、術後感染とは、手術で使う器具の滅菌が正しく行われていない場合に起こるからです。
 

しっかりと滅菌を行っていれば、雑菌が入り込む余地はなく、感染症は起こらないといって良いのです。
 

この為、フジモト眼科天六本院では、空気から滅菌し、手術スタッフも術用のマスクや帽子はもちろん、手術室に入る時には靴からスリッパに履き替えて、靴の汚れを手術室に持ち込まないようにしています。
 

また、手洗いや器具の消毒にはオゾン水を使い、ガズ滅菌若しくはオートクレーブ高圧高温洗浄を行い、滅菌を徹底しています。
 

更に、患者さんの消毒には、術中感染予防に配慮し、イソジン原液を8倍に希釈した物、オゾン水、抗菌点眼剤の3段階の消毒を行っています。
 

 
 

近視の戻りがあっても生涯無料でレーザー治療が受けられる

 

日本では、レーシック手術は初期の段階から眼科専門医に依って行われてきたので、国際的に見ても手術に依る合併症は大変少ないです。
 

そして、フジモト眼科天六本院では、その徹底した滅菌により、これまで早期の処置ですぐに視力が回復する程の、軽度の合併症が1%見られただけです。
 

また、手術の技術向上、フジモト眼科天六本院独自の角膜フラップ洗浄である「カニューラ(ドイツ製)」や、術後のドライアイや異物感を患者さんが出来るだけ感じない様に、「角膜表面保湿法」を行っています。
 

この方法は、学会に報告済みの新しいテクニックです。
 

そして、術後は生涯アフターケアを受けることが出来ます。このうち術後6か月までは手術料金に含まれています。その後、近視の戻りがあれば、生涯無料でレーザー治療をしてくれます。
 

このような技術面、衛生面だけではなく、手術中は院長が絶えず声をかけて患者さんを安心させてくれます。多くの体験者が、このことを「安心した」「嬉しかった」と、体験談で寄せています。
 

また、その技術力の高さから、医師の間でも患者さんからレーシックについて相談されると、フジモト眼科天六本院を紹介することが多いです。
 

フジモト眼科天六本院では、若い人ばかりでなく、年代に合わせて老眼にも考慮し、患者さんに最適な手術法を提案してくれるのもフジモト眼科天六本院ならではの技術の高さを表しています。

西眼科病院(大阪)はどんな眼科?レーシックの特徴


看護師日本全国から、眼に悩みを抱えた多くの患者が日々来院するのが、眼の疾患の診断・治療において高い知名度と信頼を誇る大阪の眼科専門病院「西眼科病院」です。
 

常に技術を磨くとともにキメ細かなサービスの提供にもチカラを注いているのが、この病院の大きな特徴。
 

眼に関する最新治療を気持ちよく受けたいという方におすすめの病院です。

 

全国から患者集まる“信頼の”眼科専門病院

 

西眼科病院は、大阪の東成区にある眼の病気を専門とする眼科専門病院。
 

眼に関する診断・治療技術高さと正確さには高い定評があり、大阪府内のみならず全国から患者が日々ここでの治療を求め集まってくるのがその証です。
 

また、先端技術・先進機器の導入に加えて基礎的な技術や基礎研究も大切にした西眼科の志の高い医療方針・システムは世界からも注目されており、海外からも多くの眼科医が見学に来るほど。
 

白内障
緑内障
加齢黄斑変性
糖尿病網膜症
眼瞼痙攣
 

など、眼に関する悩み全般に対し“豊富なデータと知識、実績、さらに積み重ねられた研究結果をもとに、最新かつ高い技術を持って対応してくれる”まさに“眼に関することならなんでもござれ”というのが西眼科病院です。
 

もちろん西眼科病院は、視力矯正の「レーシック施術」においても高い定評あり!個々の状態や希望に合わせた治療でシッカリと悩みに応えてくれます。
 
 

自分にピッタリのレーシック施術に出会える

 

視力検査

西眼科病院でレーシックを受けることの大きなメリットのひとつが“カスタムレーシック”が受けられることでしょう。
 

西眼科病院では、一般的なレーシック施術に加え、従来技術では治療が難しい状態の眼にも対応可能な(エピケラトームという角膜上皮のみを薄く削ることができる機器を用いた)エピレ―シック施術も受けられます。
 

さらに昔ながらのPRK施術(レーシックができない/軽い近視の人向きの治療法)も提供。
 

患者ひとりひとりの眼の状態や希望にベストな方法を選び実施してくれるので、高い安心と効果を望むことが可能。
 

何といってもその点が、この病院のレーシックの特徴かつメリットです。
 

加えて施術の前には、丁寧な適応検査と(カウンセラーによる)カウンセリングタイムがあり、施術の不安などにもきちんと対応してくれるので安心。納得して施術を受けることが可能です。
 

また、定期的にレーシックなどに関する説明会が院内において無料で開催されているのも嬉しいポイント。レーシックについての疑問を気軽に解消できる機会が設けられているのはありがたいことですね。
 
 

大きな病院ながら短い待ち時間&明瞭な料金システムで安心

 

看護師多くの患者を抱える西眼科病院。福岡のレーシックなら候補にあがります。
 

そう聞くと待ち時間や混雑を心配される方があるかもしれません。ですが、そうした心配が要らないのもこの病院の特徴的利点のひとつ。
 

スムーズな院内連携、コンピュータを積極的に導入することによる業務の効率化などによって非常にスピーディーな対応が可能になっているため、大型病院ながら待ち時間が少なくスムーズに診察が受けられるのです。
 

また、治療の流れや治療にかかる時間、さらには治療費についても予め明快に示してあるため、治療計画が立てやすいのも、この病院を利用する大きなメリットといえるでしょう。
 

レーシックを受ける流れ

 

レーシック治療の手順は次の流れです。
 

適応検査とカウンセリング(約2時間)
術前の詳細検査(約3時間)
手術(10分ほどの施術+休息)
術後の検診
 

料金は税込で下記の通りです。
 

検査費:10,000円
手術費両眼:280,000円

レーシック再手術ができな場合はある?


再手術ができな場合は?

 

看護師できなくなる場合もあります。レーシック手術は、角膜を薄く削って目の中で像が焦点を結ぶ位置を奥にずらすことで視力矯正するものです。
 

ですから、手術には一定以上の角膜の厚さが必要になり、場合によっては、1度も手術を受けたことがなくても、元々の体質として角膜の厚さが足りずに手術が受けられないという方もいます。
 

そして、レーシック手術で角膜を一度薄くすると自然と角膜が厚さを取り戻すということもほとんどありませんから、2度目の手術は困難という人は一定数出てきてしまいます。
 

加減がとても難しい

 

手術は受ける回数分そのたびにリスクを負う側面もありますから、可能な限り1度で終わらせたいものですが、視力を極端にあげようと角膜を削りすぎてしまえば過矯正(遠視)のリスクのほうが高まってしまいます。
 

そうなると再手術で取り返しがつきませんから、過矯正のリスクを減らすためにもあまり角膜を削り過ぎない計画にしたほうが良いということになります。
 

確かに削り方が足りなければ、思ったほど視力が回復しなかったり、手術後に時間の経過と共に視力が徐々に低下して、また眼鏡などが必要になってしまったということになるかもしれません。
 

なので加減がとても難しいのですが、再手術でもう一度角膜を削ることは角膜の厚ささえあれば可能なので、1回目の手術で削り過ぎないことの方が過矯正のリスクを減らす上でも大切でしょう。
 

レーシックを受けた人のほとんどは満足?

 

それにレーシック手術のあとに近視の戻りが発生するパターンとしては、視力が安定する前に目を酷使しすぎたことが原因であったりもします。
 

レーシック手術の有無によらず、目を酷使すれば眼精疲労になりますし、視力は低下していきます。
 

目に無理をさせず、意識して労わるようにしなければレーシック手術の前であれ、後であれ、視力が低下していくことは変わりません。レーシックを受けた人のほとんどは、自分の視力回復に満足しています。
 

過矯正が起こることはまれですし、視力低下が起こるのも自分の生活習慣次第という側面がありますから再手術が必要にならないように目は普段から労わっておきましょう。
 

 

レーシックで目の疲れが治る?!


眼鏡とコンタクト

 

看護師眼精疲労のひとつに、眼鏡にかけすぎや視力の悪化による度が合ってない症状、コンタクトによるドライアイなどがあげられます。確かにそれらは目の負担になり、眼精疲労の原因にもなりますが全てではありません。
 

レーシックによって治るのは視力であり、あまり眼鏡やコンタクトに頼らなくてもいい状態にはなりますが、裸眼になったからといって疲れ目は完全に治りません。
 

ただコンタクトに違和感を覚えて、何度も付け替えたりして目がコロコロしがちな方は、レーシックをすればスッキリすると思います。これはかなりのメリットだと思います。
 

普通の視力の人でも目を使いすぎると疲れ目は起こりますし、場合によっては肩こりからも起こります。適度に目を休め、マッサージなどをしましょう。
 

眼精疲労について

 

眼精疲労による一番怖いのは他に体の病気が隠れていて、それが目に現れていることです。
 

特に目は脳と直結しています。あまりにひどいようならそういう専門の病院に行くことを考えた方がいいでしょう。
 

勿論、目の病気も考えられます。レーシックの話をきくと共に診察を受けるのもいいでしょう。後、精神的にひどい精神状態であっても自律神経の働きが乱れ眼精疲労は起こります。リラックスして原因をつきとめましょう。
 

眼精疲労に関していえば、レーシックでの効果はあまり期待できません。
 

勿論、視力の回復により眼鏡をかける頻度は減り、コンタクトの渇きからも解放されるでしょう。
 

ですがレーシックを受けても目を保護するという理由から眼鏡は使用しますし、ドライアイにもなりやすいです。
 

それでも他に原因がなく、視力が回復することを望むのでしたらレーシックを受けられるのもいいでしょう。その時に1番に治したいことなどを医師に明確に伝えて、相談してください。

タイで安くレーシック手術が受けられる?


看護師タイなどの体験記を寄せられている人は多いですが、あまり日本と変わりません。お値段の方も日本で安いとされている大手クリニックとあまり変わらない感じですし、なにより「アフターケア」の問題はどうなっているのですかと言いたいです。
 

関西でも大手で格安でレーシックを受けられる眼科があるので、そっちの方が安心ですよね。
 

タイの大手は1年保証は大丈夫とありましたが、近視はいつ再発するかわかりません。だから日本でも3年以上、すごいところは一生保障もあるのです。
 

この人は言葉の壁がなかったみたいですが、外国の場合、まず言いたいことを伝えられるのかが大事です。
 

日本の「レーシック」でさえ、不安を抱えて様々な病院を調べているのにわざわざ余計に分かりにくいところにいかれて「定期検診」1年後ですか?
 

個人でいける力、通うとまではいかなくても頻繁に行ける実行力、言葉の壁を感じさせない意思疎通がないと、難しいのではないでしょうか。
 

アメリカのレーシック手術

海外で安さでいくとアメリカやカナダだそうです。アメリカは「レーシック」の先進国、みんながすれば安くなるという感じで日本より安いようです。病院を選ぶ方法の一つとして複数の病院に行きましょうとありました。
 

ロサンゼルスは日本語のサポート医のいる病院も多く、経験している医師が多いので選びたい放題といえば聞こえはいいですが、複数の病院で違うことを言われすぎて混乱が起こったそうです。
 

皆さん、自分の治療に自信を持っていらっしゃるのは素晴らしいです。ですが万が一の時、アメリカまですぐにいけません。住まないかぎりは無理かもしれません。
 

以上のことを総合すると、レーシックは日本で受けたほうがよいと思います。
 

大阪なら品川近視クリニック梅田院のイントラレーシックが安くてお得だと思います。

レーシックの感染症について


看護師レーシック手術は目の手術になりますから、他のところよりも特に、感染症には気を遣わなければなりません。
 

しかし、東京で実際に起こった、病院でレーシック手術を受けた後の感染症への感染は、そういったところに気を回していなかった病院が引き起こしたものです。
 

「銀座眼科」というその病院では、レーシック手術を両目で10万円切る値段で受けられる、という脅威の安さで、他の病院を圧倒していました。
 

大きな広告を出さなくても、口コミだけで十分集客できるほどの人気だったのです。
 

しかしその実態は、消毒機器が正しく機能しておらず、手術をする医師の手洗いもできていない状態だったというから驚きです。
 

手術をする際には、機器の消毒はもちろん、空気もきれいなものにするというのは、当たり前のことです。これらのことを怠っていた病院があったということは、今でもそういった病院があってもおかしくないということになりませんか?
 

レーシック手術を受ける際、多くの人たちはやはり値段を気にしてしまいます。安ければ安いほど、その病院で手術したいと思う気持ちが高まるのは当然ですよね。
 

しかし、先ほども言ったように、目は特に感染症にかかりやすい部位なので、細心の注意を払って手術をしなければなりません。
 

だからこそ、レーシック手術を受けるときには、少しくらい費用が高くついてしまっても、きちんと信頼できるクリニックを選ぶことが大切になってきます。
 

また、費用が高額になってしまう場合、費用を分割払いにしてくれるという病院もありますから、そういったものも参考にしながら病院を選んでくださいね。

最近の投稿
 
error: Content is protected !!