ホーム » レーシック情報 » レーシック再手術ができな場合はある?

レーシック再手術ができな場合はある?


再手術ができな場合は?

 

看護師できなくなる場合もあります。レーシック手術は、角膜を薄く削って目の中で像が焦点を結ぶ位置を奥にずらすことで視力矯正するものです。
 

ですから、手術には一定以上の角膜の厚さが必要になり、場合によっては、1度も手術を受けたことがなくても、元々の体質として角膜の厚さが足りずに手術が受けられないという方もいます。
 

そして、レーシック手術で角膜を一度薄くすると自然と角膜が厚さを取り戻すということもほとんどありませんから、2度目の手術は困難という人は一定数出てきてしまいます。
 

加減がとても難しい

 

手術は受ける回数分そのたびにリスクを負う側面もありますから、可能な限り1度で終わらせたいものですが、視力を極端にあげようと角膜を削りすぎてしまえば過矯正(遠視)のリスクのほうが高まってしまいます。
 

そうなると再手術で取り返しがつきませんから、過矯正のリスクを減らすためにもあまり角膜を削り過ぎない計画にしたほうが良いということになります。
 

確かに削り方が足りなければ、思ったほど視力が回復しなかったり、手術後に時間の経過と共に視力が徐々に低下して、また眼鏡などが必要になってしまったということになるかもしれません。
 

なので加減がとても難しいのですが、再手術でもう一度角膜を削ることは角膜の厚ささえあれば可能なので、1回目の手術で削り過ぎないことの方が過矯正のリスクを減らす上でも大切でしょう。
 

レーシックを受けた人のほとんどは満足?

 

それにレーシック手術のあとに近視の戻りが発生するパターンとしては、視力が安定する前に目を酷使しすぎたことが原因であったりもします。
 

レーシック手術の有無によらず、目を酷使すれば眼精疲労になりますし、視力は低下していきます。
 

目に無理をさせず、意識して労わるようにしなければレーシック手術の前であれ、後であれ、視力が低下していくことは変わりません。レーシックを受けた人のほとんどは、自分の視力回復に満足しています。
 

過矯正が起こることはまれですし、視力低下が起こるのも自分の生活習慣次第という側面がありますから再手術が必要にならないように目は普段から労わっておきましょう。
 

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿