関西レーシック手術

関西で人気のレーシック眼科

脱毛ラボ岡山店を予約する

関西のレーシック眼科は、視力が悪くて悩んでいる方にとても人気があります。広告などもありレーシックは有名になってきましたし、金額も関西でも以前と比較すると安くなってきました。

 

レーシックは角膜を削ってレーザーを照射する手法ですが、さまざまな種類があります。一般的な小さなクリニックに行くと、未だに一昔前のケラトームレーシック(普通のレーシック)を提供しており、しかも費用も20万くらいかかったりします。

 

今はもっと安全性が高く、術後の見え方もキレイなイントラレーシックやアマリスZレーシック、アイレーシックなどが普及していますので、必ずこれらを選ぶようにしてください。

 

さてレーシック関西の眼科といっても、やはり大手の人気クリニックは大阪梅田に集中しています。品川近視クリニックや錦糸眼科などですね。

 

もちろん京都や神戸にもSBC新宿近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックがありますので、なるべくお近くの大手クリニックを選ぶようにしてください。

 

今はレーシック技術も進み、目に病気のないほとんどの方がこのレーシックを受ける事ができます。

 

口コミや評判、パンフレットなどを念入りにチェックして、大手のレーシック眼科を選ぶと良いと思います。おすすめはスタンダードなイントラレーシックか、少し費用は高くなりますが品川近視クリニックのアマリス・Z・レーシックです。

 

※関東・東京都内での人気クリニックも品川近視クリニック?
レーシック業界は二極化が進んでおり、ほとんどのレーシック希望者は保障やアフターケアのしっかりした大手に集中してきています。東京都内でも大手の品川近視クリニックが人気No.1で、それに神戸神奈川アイクリニックやリレックススマイル押しの新宿近視クリニックが続く状態です。(http://レーシック東京.com/より)

レーシック手術後の視力低下はある?

脱毛ラボ岡山店を予約する

レーシック手術を受けた後に、ごく低い確率ではありますが視力が若干低下する場合があります。これらの症状にはいくつか種類がありますし、それぞれ原因も異なります。

 

自然治癒力の作用として、手術前の状態に戻ろうと体が働いて少し視力が下がる「近視の戻り」というものもありますが、手術前の視力まで低下することはありません。この場合には、角膜にまだ一定の厚さがあれば再手術で視力を改善できます。

 

最近の主流のレーシックでは、再手術のことも十分に考えられているので、それほど心配する必要はないですが、レーシックを受けても目に悪い習慣がそのままならまた視力は下がるので、習慣自体も変えたほうがいいでしょう。(参考:レーシックで失敗は本当か?【要注意】後遺症・失明の嘘と真実!

 

また、それ以外に、手術後目を酷使しすぎて視力が低下することもありますし、近視の進行が止まっていないうちに手術をしてもこのリスクがありますので未成年者の「レーシック」手術は受けられないこととされています。

 

それからフラップが完全に吸着するまでの間は視力は安定しないため、低下したように感じることがあるでしょう。合併症として「視界のぼやけ」なども起こりえます。

 

これらは、一時的なものであることがほとんどで時間の経過と共に治ったり、医師との相談で治療をすることですぐに軽快するものがほとんどです。しかしもし、この手術の結果角膜があまりに薄くなりすぎると眼圧により角膜が外側へ押し出されるような圧力を受け変形をすることで視界が悪くなる恐れがあります。

 

ですから、元々角膜が薄い人には「レーシック」は推奨されませんし、蒸散させる角膜の厚さについても事前に医師がしっかり判断すべき部分です。もし角膜を薄くしすぎてしまった場合に、眼鏡やコンタクトレンズで矯正することができない上、再手術もできず取り返しがつきません。

 

このような結果を招くのは「レーシック」という技術より、機器の性能・整備状態や、医師の判断・技術によるものです。「レーシック」を受けるときは、とにかく病院選びに慎重になることが大事です。

失敗しない関西レーシッククリニックの選び方

関西でクリニックを選ぶ際にチェックしたい項目は、執刀医の情報(経験症例数がどのくらいなのか、評判など)、術式、料金体系、家からの距離(定期検診に通えるのか)、アフターケアや保証制度の内容、クリニックの衛生面です。

 

もし明確な予算があるなら、その金額内に収めなければ手術を受けられないということになりますから、料金体系が最も優先度が高い情報であるという人もいるでしょう。

 

しかし、手術そのものが成功して、無事視力矯正してその後も安定した視力を得られ、合併症なども引き起こさないことがベストなわけですから、自分の目にあった術式やアフターケア、保証制度について事前に調べないというのは危険です。これらも併せてしっかり検討して欲しいと思います。

 

これまでに手術を行ってきた患者数は、執刀医の経験値そのものともいえますが、近年はほとんど機械の自動施術がメインのため、医師の経験は以前ほど重視しなくても大丈夫です。ですが症例数の多いクリニックのほうがたくさんのデータを持っていますし、患者の側のクチコミ情報も豊富なのは確かです。

 

クリニック自体のサイトなどから、どういった実績を持つクリニックなのかを知ると同時に、クチコミ情報で実際に診察や手術を受けた人の感想を読んでみることも大切です。

 

レーシックの手術は大抵翌日と1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後などに定期検診があります。(クリニックによって多少異なるのでその点はご確認ください)この定期検診に通える場所なのかどうかも検討したほうが良いでしょう。関西では有名クリニックはほとんど大阪梅田に集中していますので。

 

もし、二日連続で通うのが難しい場合は手術当日から翌日にかけては入院するという患者さんもいますね。任意の医療保険の入院保障を適用させて安くするという人もいます。

 

手術当日は術後に車の運転は控えてください。長距離の運転は疲れますから交響の交通機関を使ってなるべく短時間で通えるところにクリニックを探すほうが楽ではあります。どうしてもなければ上記の通り手術当日の入院を視野に入れるのも良いでしょう。

 

そして、レーシック手術のリスクとして、しばらく時間が経ってから再び視力が低下してしまうことや、合併症などがあげられます。視力の再低下の場合は角膜に一定以上の厚さがあれば再手術が可能です。

 

この再手術や合併症の治療について、保証期間内であれば無料という料金プランにしているクリニックが多数ですが、保証内容や期間がクリニックとプランによって異なりますので、その点も個別に調べて検討する必要がありますね。

 

また合併症を避けるために、クリニックの衛生面も大事になってきますから衛生管理に力を入れているクリニックを選んだ方が良いでしょう。

 

手術後自宅に帰ったあとは自己管理の範囲ですが、以前クリニックの衛生管理の不備のために感染症を多く出したクリニックが摘発されました。関西のクリニックではそういった事態は起きていませんが、初期適応検査無料のクリニックが多いので、心配な方はクリニックの雰囲気を知るためにもそういう機会を利用しましょう。

ドライアイが心配な方へ

レーシック手術を行った術後にはドライアイになったという話はたまに聞きます。手術が終わり、目の状態が安定する迄には約1週間程度の時間が必要になると言われています。

 

この1週間内は、ドライアイになりやすく、目の充血も気になる方がいるようです。手術前にこのような説明を受けると思いますが、術後には点眼薬を処方されるので、医師の指示通りに点眼するとドライアイも気にならなくなります。

 

手術当日には、目がしみる場合が多く、目を開けられない方もいます。ですが次の日の朝には、裸眼で視野が広がりとてもクッキリと見えるようになるので安心してください。

 

ドライアイの点眼薬もあるので術後には様子を見る事も大切ですが、まれに、ドライアイが長くつづく方もみえます。

 

その場合には、レーシック手術を行ったクリニックへ行き、医師の診察が必要になります。角膜は人それぞれ厚みが違い、手術もその方に適した手術が必要になります。